アーギュメンツ03

アーギュメンツ#3「刊行記念トーク」@秋田 「世界を震わせるものに出会うこと」

批評誌「アーギュメンツ#3」(6/16刊行)の刊行記念トークイベントが、秋田公立美術大学にて開催されます。「世界を震わせるものに出会うこと」と題し、本誌の編集者である黒嵜想と福島取材に同行した大和田俊がゲストとして登壇いたします。

初のアーギュメンツ東北イベントとなる今回は、向三軒両隣の声かけのもと実現となりました。

「向三軒両隣」は、秋田県内外から様々な領域で活動するゲストを招き、トークイベントを行います。少しだけ専門の違う隣人の思考や言説は、私たちに新たな視点や視座をもたらしてくれることでしょう。本プロジェクトは、そうした視野の拡張の先に、新たな創造と共同の現場を生みだすことを目指しています。

山内朋樹による紀行文では事前に福島県の現地取材が行われました。東北出身者も多く在籍している秋田公立美術大学で、関東・関西在住の二人から見た東北の姿や取材中・入校直前のエピソードを話す予定です。

イベントでは大和田俊のライブも実施される予定です。秋田近郊の方はこの機会にぜひご来場ください。

※本イベント内にアーギュメンツの販売はございません。希望者には秋田近郊の行商スケジュールもしくは手渡し予約券をお渡しいたします。

▼イベント概要
タイトル:アーギュメンツ#3「刊行記念トーク」秋田
日時:2018年7月12日(木) 18:00 – 20:00
場所:秋田公立美術大学 図書館棟2F
ゲスト:黒嵜 想(批評家)、大和田 俊(サウンド・アーティスト)
企画:向三軒両隣

▼参加方法
https://www.facebook.com/events/491214964649741/より「参加予定」ボタンを押してください。